「国民による国民のための医療の実現」の支援を目的とし、国民がインターネット上で見つけやすい医療情報メディア

第二章 あなたの不整脈はこわい不整脈? 二段階あるこわい不整脈

こわい不整脈、「心停止」と「重症不整脈」

こわい不整脈について、2段階に分けてご説明しようと思います。
もっともこわいのは、突然死を起こす「心停止」です。次にこわいのは、重篤な症状を引き起こしたり、命にかかわったりする可能性がある「重症不整脈」です。
では、それぞれについて解説します。
突然死を引き起こす「心室細動」と「心室静止」

心停止は心臓から血液がまったく送り出されない状態です。心臓から血液がまったく送り出されませんから、5~10秒くらいでめまいが起こり、10~15秒ぐらいになると失神発作が起こります。その状態が2~3分続けば、脳の細胞は元に戻らない状態になってしまいます。そこで突然に死んだ状態になってしまうのです。こうした状態は突然死のなかでも「瞬間死」とよばれています。

この心停止には2種類あります。

1つは「心室細動」(書籍127p)です。心室がけいれん状態を引き起こすと、心臓の収縮や拡張の機能が失われるため、血液がまったく送り出されなくなります。

もう1つは「心室静止」といって、心室がまったく動かなくなる、けいれんではなく静止状態になってしまうものです。これは洞結節からの命令が伝わらないことによって起こります。洞結節で命令が出ない場合は、他の刺激伝導系の場所から洞結節に代わる命令が出るはずですが、それも出ない状態になります。そうなると「洞不全症候群」(書籍171p)や「完全房室ブロック」(書籍176p)などで心室停止が起こります。

このように、心停止は突然死を引き起こします。いまアメリカで心臓に原因のある突然死(心臓性突然死)は1年間に30~40万人前後といわれています。その直接の原因のうち、80~90%は「心室細動」です。他の10~20%前後が「心室静止」といわれています。したがって心臓突然死の多くは「心室細動」で起こるというように考えられています。

その原因となる心臓病としては、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)がもっとも多く、発作が心停止の直接の引き金になるのは20~30%と考えられています。

日本は欧米に比べてデータが少ないのですが、心臓性突然死は5~7万人と推定されています。突然死のときに偶然記録されたホルター心電図でも心室細動が約70%です。

心室細動の早期発見と早期治療、そしてその予防ということは医学的な課題であるだけでなく、社会的にも大きな課題といえます。そして、それが突然死予防につながることはいうまでもありません。

重症不整脈
次に重篤な症状をきたす不整脈をみてみましょう。
(1)心室頻拍
「心室頻拍」(書籍120p)のなかでも、とくに持続性の「心室頻拍」があげられます。これは血圧が下がり、前述のようにめまい発作や失神発作を起こしやすいといえます。そして「心室頻拍」から「心室細動」(書籍127p)に移行してしまうと、突然死を引き起こすことになります。
(2)上室性頻拍
脈拍が急に毎分150~200回になって、血圧が下がり、その結果めまいや失神発作を起こすこともあります。(書籍136p)
ただ「アダムス・ストークス発作」(書籍53p)を起こす頻度としては「心室頻拍」よりも少なく、通常は「心室細動」に移行することはありません。
(3)心房粗動、心房細動
「心房粗動」(書籍162p)や「心房細動」(書籍146p)は、重症の不整脈の1つということができます。
「心房粗動」、「心房細動」は、まれにアダムス・ストークス発作を起こすことがあります。それに加え、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症など)や弁膜症、あるいは心筋症(肥大型心筋症、拡張型心筋症)などの心疾患がある場合は、心不全を起こします。
また、心房細動は脳梗塞を起こすこともあります。
(4)洞不全症候群と高度房室ブロック
「洞不全症候群」(書籍171p)と「Ⅱ度以上の房室ブロック」(書籍176p)などでも、脈が止まるとか脈が抜けることがあり、ときに「心室静止」が5~10秒続くとアダムス・ストークス発作を起こします。これらも重症不整脈といえるでしょう。
(5)悪性心室性期外収縮

「心室性期外収縮」(書籍110p)は頻度の高いもので、ほとんどは放置してよいものです。しかし心室性期外収縮のなかに、ごくまれに突然死やその引き金となる心室細動や心室頻拍を引き起こす心室性期外収縮があります。それを「悪性心室性期外収縮」とよぶことがあります。

以上の解説で、「こわい不整脈」と「こわくない不整脈」の判別については、いちおうご理解いただけたと思います。しかし、専門的な立場からいえば、こわい不整脈とそうでないものの境目をどのように判断するかは、大変むずかしい問題です。

同じような重症の不整脈でも、重症の程度は個人によって大きく異なります。たとえば、どういう症状があるのか、基礎心疾患があるかどうか、心機能はどうかなどで大きな違いが出てきます。

とくに、もっとも多くみられる不整脈である「心室性期外収縮」は、単純にこわいとかこわくないといった判断がとてもむずかしいのです。

著者の紹介会社概要お問い合わせ
ページトップへ