「国民による国民のための医療の実現」の支援を目的とし、国民がインターネット上で見つけやすい医療情報メディア

第一章だれにでもわかる不整脈と心電図 心電図の波形は、なにを示しているの?

色々な種類がある心電図の波形

心臓の検査では、まず心電図をとります。あなたはその心電図が、心臓のどんなはたらきを表しているかご存じでしょうか。ここでは心電図の基本をご説明しましょう。

心筋が電気的に興奮したあと、心臓が機械的な収縮を起こすことは前述しました。心電図というのは、作業心筋が電気的に興奮した状態(電気現象)をみるものということができます。一方、収縮や拡張という動き(機械現象)をみる代表的な検査は超音波検査(心エコー図)となります。

心電図で記録される波形は、刺激伝導系の電気的な興奮ではなく、心房と心室の作業心筋の電気的な興奮を表したものです。洞結節から出た興奮(命令)は、この心電図には表れません。

不整脈の種類

まず右と左の心房の作業心筋が興奮すると、そこに波が1つ出てきます。この波は小さいなだらかな波で、P波とよばれます。

その次に刺激伝導系、すなわち房室結節~ヒス束~右脚・左脚を通って興奮が伝わります。そしてプルキンエ線維を経て心室の作業心筋が興奮すると大きな波がでます。これは鋭い、とがった波で、QRS波とよばれます。

そして、心室の興奮がもとに戻るときに起こる波をT波とよびます。これは、QRS波の後ろになだらかな波で表れます。

こうして通常は心電図でP波(心房の興奮)とQRS波(心室の興奮)とT波(心室の回復)の3つを読み取ることができます。

心電図には、P波とQRS波とT波の動きが繰り返し記録されます。これにより、P波とP波との間隔をみることができ、洞結節から1分間にどのくらいの回数の興奮(命令)が出ているかがわかるわけです。

P波とQRS波との間を見ると、心房と心室の間がどれくらいのスピードで伝わっているかがわかります。

したがって、私たちが心電図からわかる情報というのは、次のようなものです。

  • 1. P波とQRS波とT波。
  • 2. P波の形、幅、高さ。
  • 3. QRS波の形、幅、高さ。
  • 4. P波とQ波との間の時間。
  • 5. Q波からT波の終わりまでのOT時間。
  • 6. P波とP波の時間、QRS波とQRS波との時間。


これらがわかるので、心電図をみると不整脈かどうか、もし不整脈ならどんな不整脈かが診断できることになります。

ところで、不整脈が常に感じられる人は別として、ほとんどの人は不整脈が気になって病院に行ったものの、心電図をとるときには不整脈がおさまっていたという経験をします。これはとても大事なポイントです。

というのは、検査をするときに不整脈が治まっていると、心電図には正常な波形が出ますから、不整脈の診断はつきません。したがって、不整脈の正しい診断をするためには、不整脈が起こっているときに、心電図検査をする必要があるということになります。

病院の外来や健康診断では、普通「12誘導心電図検査」が行われます。これは、胸や手足の10か所の電極から12種類の心電図をとり、その波形をみるものです。しかし、心臓は1日に約10万回の拍動をくり返しています。ですから、1分間の検査で得られる拍動はせいぜい60~100回程度でしょう。その間に不整脈が起こらなければ、心電図に異常は表れません。逆に、その間に不整脈が見られれば、1日のうちに高い頻度で不整脈が起きているということになります。

不整脈の診断のためには、できるだけ長い時間、心電図の記録をとることが大切なのです。

なお、それぞれの不整脈の心電図の特徴については、第四章「それぞれの不整脈の特徴」で詳しく説明します。

コラム 自分の心電図の見方を知っておこう

医学的に「しろうと」である患者が、心電図をまえにして、どれだけのことがわかるか、またどれくらい知る必要があるか、についてはいろいろな考え方があるでしょう。私は「患者が自分の病気について、できるだけ正確な知識を持つことが望ましい」と考える立場です。

すなわち、従来よくいわれた、いわゆる「知らしむべからず、寄らしむべし」(教えることなく、頼らせればよい)というような医者と患者の関係ではなく、患者みずからが自分の病気について勉強をして、なるべく自分の病気を知ろうとする姿勢を持つことが大事だと思うのです。

そして患者のみなさんは、病気や治療について正しく理解し、それに対する対策を自分自身の問題として考えるということが、あとで述べる「心臓神経症」などを予防することにもなりますし、また、こわい不整脈に対しても副作用のない、もっとも安全な治療法を選択する基本になります。
そういう意味では、心電図についても、この本で説明する程度の内容は知っておいてほしいものです。

著者の紹介会社概要お問い合わせ
ページトップへ